バクマン読了

本日、バクマン。を20巻全て読了しました。

つい最近、完結したことを見て、まだドラマにもなるということを読んで気になっていて、ようやく全巻を読み終わりました。
もっともドラマには興味がありませんが。

★5です。

2008年に連載が開始して、何話か忘れましたが、亜豆と真城の二人が席替えで隣の席になり「お腹がなったらどうしよう」という見開きのページを見て、、この漫画は面白いって思ったことその時のことを今でも覚えています。
単行本も買ってたのに、いつの間にか買わなくなって、その理由も忘れてしまいましたが、二人がお腹が鳴ることを心配したページを見た感覚は忘れてなかったです。

最終話でもその話が出てきていて、いちばんの見せ場だったのだと思いました。

物語は王道なハッピーエンドで終わって良かったです。個人的には蒼樹と平丸がデートをして、プロポーズをする話の方が嬉しかったですが。担当の吉田に言葉巧みに踊らされてても、平丸の良いキャラが出てて好きなキャラです。蒼樹センセは単純に可愛くて良いです。

物語の中で、何度も漫画の作り方や魅せ方が話し合われてますが、その魅せ方をバクマン。という漫画でも実際に行われてて、なるほどあのセリフで言ってたのは、このシーンのことかなどと感心しっぱなしでした。
シリアスなのに笑えるという平丸作のコアラの漫画の分析をして、それが高木と真城達の行動にも表れていたりして。

ただ、小畑健の絵がどんどん変になっていったのは気になりました。ちょっと雑というか、キャラの顔の輪郭がどんどん尖っていっていたり。。。何かしらの意図なら、どういう効果を狙ったものか分からなかったですが。
ヒカルの碁の時も感じましたが、手の描き方に違和感を抱いてしまいます。


漫画なので絵が気になってしまって集中できなかったのは残念ですが、面白かったです。