紙の本と電子書籍

電子書籍は、紙の本の欠点である場所を取らない、検索が出来ると言った点で優れています。1台のタブレットがあれば、紙であればカバン1つに入りきらないほどの本を持ち運ぶがことができるのです。

仮に数万冊の電子書籍を所有していたとしても、それは1台のタブレットに収まるでしょう。もちろん、タブレットで保存できるサイズは有限でありますが。

個人的にどんな本も出来るだけ電子書籍として所有したいと思ってはいるのですが、欲しい本が常に電子書籍となっていることは少ないです。

紙の本と電子書籍だとどっちを買うかというと、もちろん電子書籍なのですが、ただ読み終わった後に頭の中に残っている、残りやすさと言いますか、それは圧倒的に紙の本に軍配があがるのです。

また、パソコンで書いた文章を一度印刷して読み直すと間違いが見つかることは経験として少なくありません。

紙とディスプレイ、何かしら人間にとって記憶への残りやすさ、視覚への刺激の観点で何らかの違いから生じるものなのか、単純に今まで紙の本に接してきた経験が圧倒的な故に紙から情報を得ることに脳の神経回路が最適化されているのか。現時点で、全く回答が無いのですが、気にはなっています。

紙の本を読んだ時と同じ読書体験を電子書籍で得られるのなら、先に述べました通り、可搬性や検索性で有利なのですから、それに越したことはないのです。

電子書籍で買って、良いと思った本、手元に置いておいて何かの時にすぐに参照するものは、紙の本でも買う、それでも紙の本だけを買って行くよりも厳選されスペースがそれほど増えていかないという点では悪くはないのですが……。