2018年初夏ラップトップ

MBP 2015 earlyのディスプレイコーティングが剥がれて見窄らしいことになったことと、最近WEBを見ていて動画などフルHDが当たり前になったりして2コアのCore i5では処理が100%までにいかなくてもかなり重くなってしまうため、新しいノートパソコンを探していました。

いまの知識で自分にとって何が最適かということを書き出してみると以下のようになります。

こういった条件で探して行くと、ほぼ全てのメーカー製品でキーボード配列でNGとなってしまうのです。 筐体は、hpが良いのに、キーボード配列が選べない。かと言って海外版のhpのラインナップに日本と同じモデルが存在しないなど、もどかしい思いを抱くことになっています。

全ても満たすのはVAIOのオーダーメイドだったので、VAIO S13を購入しました。

多少使ってみて思うのは、やっぱりWEB見ててももたつくこともなく、ディスクも高速なこととWindows10の起動が速くなったことで非常にストレスなく使えてます。ただ、パームレストの部分が汚れやすいという欠点があり、そこが不満点です。加えて、筐体をブラックにしたせいで、そのパームレストの汚れや、キートップの隙間、トラックパッドの隙間に入ってしまったホコリが気になってしまっています。

あとは筐体の問題ではなくWiindows10の不満点となるのですが、Windows Updateの仕組みが変わってしまって、ポリシーの変更をしても一定時間で自動的に再起動されてしまうという仕様になってしまったのは残念としか言いようがないです。Windows 7 Proを使っているのですが、こちらはユーザが明示的に「再起動」を選択しない限り、いつまでも待ってくれるので、Windows 10Proなら仕組みが同じなんだろうなと楽観的に考えてて、そこは失敗でした。

全ては慣れの問題でもあるのかなという感覚もあるので、これから少し使ってみて、どうなるか待ってみようかと思っています。