Anki始めました

ネットワークスペシャリストを今年は取得しようと思いまして、その暗記のためにいろいろツールを探していたところ、数あるツールの中でこのAnkiというアプリケーション(サービス)が忘却曲線を利用して適切なタイミングでカードを提示してくれるようなので、使い始めましたところ、やはり使い勝手が良いなと思いましたので、記事にしてみようと思います。

Ankiの便利なところは、マルチプラットフォームに対応しているところにあると思います。WindowsiPhoneAndroidに対応しています。

Windowsのアプリケーションで、単語帳を作り、サービスに同期して、その単語帳をスマートフォンで学習するという使い方が出来ます。

単語帳も他の方が作られたものが公開されている場合があるので、それを選んでダウンロードすれば、そのまま学習が始められます。

私は、Ankiの使い勝手を確かめるために、SVL12000の単語帳をダウンロードして、試しました。 カードは、ランダムに表示できて、スペースキーで回答の表示、そして1〜4で、1分後・10分後・4日後といった希望する学習のタイミングを選択できます。

自分で単語帳を作る際も、画像や音声もそのカードに含められるらしいです。アドオンを活用すれば、特定のフォルダに格納された画像を一括で取り込んで単語帳を作ることもできるのです。

iPhoneのアプリが3000円と比較的高価ですが、WindowsアプリケーションやAndroidアプリを無料にして、クラウドへの同期も無料にしたことで、iPhoneのアプリだけを作者の収入源にしたためこの価格に設定しているようです。

もう少し使ってみて、この価格でも納得できると判断したら、購入をしてみようと考えています。